2018年06月30日

二か月

あっという間に二か月です

5月に大阪で、昔の職場の記念式典に行き、ラインをはじめたことで
30年前の知り合いとスマホで語る時間に心と時間を取られ
だけど迷っていた私の行く道に一本 光が通った出来事でありました

わたし、30年前もギターを持っていたようなのです
えっ

たしか、ピアノで「もしも明日が晴れたなら♪(欽ちゃんファミリーのドラマ)」をBGMで弾いた覚えはあるのですが
ギター人前でやる機会なんかあったっけ。。。
そんな弾けなかったはずなんだけど。

かように何にも覚えていません。


そんなこんなでなんとレッスンの日時を完全に忘れ 終わってから先生から連絡をいただくという始末

やってまった!!!!!


30年前の私の仕事を私は全否定していた
その姿勢はギターに対してもあまり変わらない

うまくできなかったの思い


ohtaさんに弾いてくださいといった海流を聞いてみました
なんてむつかしい曲を無責任にリクエストしたのか

でも、全部を聞きたかったわけじゃなくて さびが終わった後の
Aメロにつながるこの場所だけを聞きたかった
そこだけ聞ければよかった

なんてことを思ったんだとおもう

たしかに不特定多数の人を目の前に弾くときは
曲の全部分をある程度弾けるようにしてから
ノイズもつっかえもなくそつのない状態にしてから

でもわたしは聞き手になるとき
特にお金を出してプロの演奏を聴くでもない限り
そんなことは相手に求めていない

それを目指す人は目指せばいいし、完璧に弾けたほうが
気持ちがいいのはそうなんだけど

それができたら今度はアレンジしたりほかの人とやりたくなりませんか?

完成したと思ったらそこで終わり
生きてる限り変化し続ける

それがほんの単音でもいいい、いえ、単音だからこそいい

二日前、タダ券をもらったので
「羊と鋼の森」という映画を見てきました

調律師の話です

単音を弾く

オーケストラのチューニングの音が好きなのです


洗練する その前に  弾き手の心を感じる

そんな聞き手であることが  私は好きです

洗練はその人がやりたければやればいい。時間も、健康も、みんな限られている

何かを感じ何かを頑張ることが全部音になるから。


で、すこうしだけ、やりたくなってる自分がいます^^これもうれしい


レッスンに「無窮動」を、先生が出してきました

きたーーーーーーという感じです^^



とりとめのない雑文ですが、また大阪に行くちょっとの時間なので、ごめんなさい。


伊藤先生にお会いするのが楽しみです^^J-minorさん!お会いしてきます^^

posted by ayoko at 10:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

北鎌倉

DSC_0922.JPG時間かできたので少しあるいてみました
鎌倉は迷子になっても古い家の佇まいが新しい発見を誘ってくれますね

どこに行っても踏み切りと行き止まりがある
posted by ayoko at 14:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

今回、ギターの弦変えで、ビビりが気になるといいました

今まで悩みもしなかったことで、逆に気になってギターを触るようになったのは怪我の功名
こんどまた5月末に、オープンマイクに出る曲をshigeさんが考えてくれていて、
出る出ないは深刻に考えないでいいから、とにかく鼻先にニンジンがぶら下がった状態では
ギターの状態が気になるというのは何とかしないといけないと思いますから。
それも勉強

解放弦で弾くことはほとんどないのと、
弦が軽い分、音がなんというか、音も軽い

新しい弦がエキストラライトなのも原因かなと思います
おさえやすくなったぶん音が安っぽい。
ネックの反りが原因かもしれないといわれたので
それは主人が今度診てあげるとのことでした。


ま、これでやれることをやってみよう
お里帰りするにしても、1年から2年越しの計画になりそうだし。

昨日南と北の握手がありました
これは、先にどうなるかはわからないけど
平和への願いは、流血やミサイルの場面を見るよりは純粋にうれしいもの

戦国の世でもない限り 母は
自分の子を 人が人を殺す または自刃にかける サムライにしたいと思わない 


北のトップも南のトップも  30年前60年前 母から産声を上げたんでしょう

戦場で血まみれに果てる 姿を 望まれて生まれてきたものは一人もいない

国のトップになるには教育や愛情なしではありえないでしょう

だからお願いします
生まれ生きた国の人が 教育が足りず暮らしが苦しいとき
力足りない親の分も補い守り育てるのが務め
国に生まれた小さな命を どうか泣かさないで守ってください

ま、そういう祈りもあって、リビングでギターを弾きながら見ていました


posted by ayoko at 11:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

音がびびる

前回から、弦を変えるときにどうもびりびりします。
これは病む。。。

里帰りさせたいと思うけどお里は遠し
このギターを買うときにやりとりしたcguitarさんのほうが正確な情報を書いてくれているので
マイギターのスペックリンクさせてもらいました
すぐ忘れちゃうし、リードマン店のホームページにはスペックはもう載ってない
たぶん、材の都合で作れないんだそうです。

関東に来た時5年前に調整してもらって
鎌倉のなんていう工房だっけ。。5年たつから、
フルヤギターさんに、主人にお任せでもっていってもらった

弦のびびりについては 前回も主人には相談しましたが
問題ないという。(てか関心がない感じ)
今日はもう一度言ってみるけど、じぶんのことだから。

この子は神戸っ子です k−country
わが子なので、自分で運ばないと気が済まない
いけなかったら相談のしようのない距離

ビビっているのは、1弦だったり2弦だったり解放の3弦だったり
弾き方によっては大丈夫で、ピックだと問題ない
カポをすれば、気にならない
でも今までどんな弾き方をしてもこんな音にはならなかったから、弾き方が悪いから、というものでもないでしょう

弾いた時の雑音とは違う

代わりはないので、よっぽど困った状態でなければ
当面 何とかこの子で

今までこんなことで悩んだことはなかったのでちょっと困ったな。
posted by ayoko at 11:30| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

ブランクとレッスン

2月末から4月末まで二か月が開きました

その間ギターは触らなくても息はしていたわけで
ギターを触らない理由を心の中で言い訳しているような感じでした

プールで苦しくなっても泳ぎ続けられるのはなぜ?

食事を作る、外で食べる
今まで考えもしなかったものがサラダででてくる
たとえばラズベリーソースとレンコン
赤い部分はちょっと甘酸っぱい レンコンはちょっと湯通しをしている
食材の相性
音と音との相性
一つの音から音への距離を音程という
続けて弾くときの音と音の響きあい
料理に似ている

形や歯ごたえはリズム
切ったり加熱したりがリズムを担う
食材は音 メロデイは何?メニューそのもの?調味料ってなにになる?

そう考えると、適当な大きさに切って合わせることが
ここにオレンジがあるのはわかる
ジャガイモとお味噌はどう合う?

レシピ本を見て聞いたことのない調味料が出てくる
調味料はテンションコード?

曲を作るって言うけど、ご飯を作るようなもので、
音の集まりってそんなにきばりだすものでもないのかな

じゃあその、音の相性やらそういうものはどうやったら手に入る?

なんてことを何も組み立てることができないまま考える

茂さんは3月末に左の人差し指をピーマンと一緒にかけらを切り落とした

というので

こういうことを座学で教えてもらえるかな?

なんて

思ってると

次の課題曲を用意してくれていました

茂さんの頭の中がどうなっているかはわからないけど
多分向こうもそう思っているに違いない

ここまで私にしゃべらさず

「いいんだよ どんな組み合わせでも」

でスケール コード、新しい課題、くじらの復習

指は若干固くなってるものの 一年前とはかなり違う自分を発見しました
え、覚えてるではないですか。
はじめてここで弾いた時よりも。

「とにかくやることが大事ですね」

「そう!なんでもいいんだよ!!」

弾いてる弾いてる  大丈夫ですか  指


ギタリストはケガにご用心。
posted by ayoko at 12:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

レッスン日

2月23日のオープンマイクから 二か月が過ぎました
そして今日、レッスン日でした

二か月開いたことになります

その間何をしてたかというと
何もしてなかった

何もしてなかった

プールで泳ぎ、帰阪して体調を崩し 病院に行って大した病気ではないのがわかり
バイクにも乗って新鮮野菜を買っては食事を作り
手抜きもし

ギターは
というと
ジレンマに陥りながら 触りませんでした
なので、レッスンが嫌じゃないかと言えば 行きにくかったです

それでもわたしは じたばたせずに 当日も前日も
その前の日と同じように ギターを触りませんでした

あ、
吉祥寺に
大阪の知人といきました

その時に見つけた竹細工の風鈴みたいなもの
風が吹くと 温かい音で鳴るんです

その音を聞いて ギターを触りました
こんな風に風に吹かれて自然に出す音で 癒されるならば

その時私は嬉しかったんです
こんな風にギターが弾けたらどんなにいいかと

曲か? 音楽か?

風鈴の音だって、その音を楽しめるならば立派に音楽でしょう。

風邪が風鈴を鳴らす その音とコラボできたら素晴らしい


わたしには ギターの音の違いはわからない 

でも誰が弾いた音と 彼が弾いた音の違いはわかる
それに 自分の好き嫌いをはっきり感じてしまう

ギターに値段はつけられても 人に値段はつけられない

たとえば どんな生き方をしたかとか どんな成績を取ったか
どれだけ稼いだか どれだけ練習したか
いい仕事をしたか で 音が違うわけではないようだ
練習は、確かに雑味はとる しないよりはしたほうが絶対いい
それは 髪の毛ぼさぼさで人前にでるよりも
きちんとセットアップして 立ち居振る舞いのきれいなほうがいいのと同じ
 
でもその人の音そのものは 雑でも精密でも「その人の音」には間違いない 

それの可否はともかく そういう感性の人間がいたっていいんじゃないか

この竹細工の風鈴のように

だってこれは390円で買ったのに
私にギターを弾きたいという気持ちにさせてくれた

つまり私のジレンマはそんなところにあるのでしょう

自分の感覚を信じられずに
他人の価値観に合わせようとしている


だから

一歩も前に進めない


そんなことを今日はレッスンで気付かされてもらった

なんでもいいんだよ

決まりはないんだと


2か月前から全くやってなかったはずのことが
覚えていることは覚えていた
それは半年前とは全く違うものでした

思いがけない勇気をもらって帰り路

私は携帯を教室に忘れてしまったのでした

でもこれも
いつも返事を気にしている私に

そんなに大切なものでもないでしょう

と教えてくれた気がした



posted by ayoko at 23:46| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

新宿御苑のラクウショウ

記事更新とギター練習、すっかりさぼっています
先日は、大阪で一緒にご飯を食べた元仕事仲間の一人が
娘家族が関東にいるというので、はじめてこちらで会ってきました

二時半に新宿で別れて
まだ帰るのは早いので、何度か外から見てはいつも通りかかるのが夕方以降で
入ったことのない新宿御苑に入ってみました

桜や庭園がいいかんじなのですが、
母と子の森という名前のエリアの奥の奥に
こんな木がありました

ねっこが真上に伸びている
何とも不思議な光景でした
ラクウショウ(落羽松)というそうです
沼地に育つ杉科の木で 見上げる高さです
沼なので、土の中の酸素が足りないので 空気中に伸びた枝で酸素を得ているそうです
気根という。

大きな木の周りで
ずんぐりしたりしゃっきりしたりした姿の
こどもがお話してるようなんですね

20180415_141802.jpg


新宿御苑に入れないJ-minorさんに^^写真を追加しました^^
20180415_204831.jpg
撮ったのは4月10日なので、今日の嵐で半分は散っちゃったかなあ

20180415_204953.jpg
昭和天皇ご成婚のお祝いに、台湾から送られた「旧御涼亭」 いにしえっていう言葉がぴったりでした

20180415_204908.jpg

広々と、どこに続くわけでもない公園の中なのに、東京の空がさわやかに大きく見える並木でした

日本的でもあり、日本じゃないような、
木が好きな私には、入園料は惜しくない場所になりそうです。
posted by ayoko at 14:20| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

オープンマイク

去年6月に茂さんのギター教室の情報を見た時は

私は出なくていいや、、断ろう  と思ってた、
レッスンの一環に「人前で弾く」場があります、という、フレーズ


それが、実際に茂さんから一緒にやろうねと言われると、うれしくなってしまうものなのです

こんな私でも人前に出られますか?
先生がそうおもってくれているということがうれしい。

私一人で出るのではなく、一緒にやろうねと言ってくれることが

これはね
嬉しい。

舞台ってほんと大変です。
孤独だしびくびくびくだし
自分以外誰も助けてくれるものがいない

その適性素質があるならばこんな年になるまで未経験なんてことはなく
やってますって

一回目はボロボロだったにもかかわらず
二回目もやりたいと思えたのはひとえに先生の配慮のおかげかと思います


ステージと言っても、カレー屋さんのステージですから、
ステージとお客さんの段差は階段1.5段分くらい。

ギターがエレアコだということで、ギターのお尻に穴が開いてるので
そこにシールドを差し込んで、アンプなどにつないで音を電気に通します

これが、自分でスイッチを操作するならともかく人にやってもらっているので
勝手に差したら「ブツッ」というすごい大きな音がスピーカーを通して
店中に響きわたることになります

そこらへんは10年前に経験済みなので、ちゃんと聞いてから差し込み

一回目の感想としては  弾きながら
詰まるたびに、ああ、練習不足だ、と思いました。
ちゃんとできてない状態です
このときは、二曲ともコードストローク  
楽譜を見てても、どこをやってるのかわからなくなる
(目を開けながら気を失う状態。
これって、家で練習してるときは体験しませんよね 緊張で頭のコンセントが外れる)
え、どうしたらいい、どうしたらいいとうろたえる

この症状が出なくなるには、ステージを日常に近づける
つまり場数なんだな、と思い知らされるのが、弾いてる途中という、

、、、集中しろよ、、、という感じです

二回目は
ルーリー(マイ愛ギター)のラインを通した音色を
ソロギター曲で聞きたくて挑戦しましたが
生音とは音の出方が違って、6弦の音が
暴力的に汚く聞こえる

うわ
もうちょっと優しく弾かないと
でも、「優しく」と、「タッチを薄めにする」のとでは音色が全然違う
音に心細さが付きまとう

親指は力が入るけれど中指薬指のコントロールがほとんどできない状態に陥りました
ここ、こうしよう、と決めてから時間のたってないところは
ほとんどの部分で迷って硬くなった。。。

もうこうなると
早く、重大なミスを増やす前に終わらせてしまいたい

演奏を楽しむというよりは、
いらいら棒に引っかからないようにすり抜けるきぶんです

これはこれでスリルがありますが
一緒にやってる先生や、聞いてくれてるお客様に
この曲に乗せた自分の気持ちがどこまで伝わったかというところが抜け落ちる

ソロギターの曲を先生のサポート付きで出してもらう

始めは一人で弾きましょうと言ってたんですが、たぶん、何回かやるうちに
先生はこのほうがいいと思ったんだと思います。

学んだこと
「同じフレーズが5回出てきますよ」
「さびは二回ありますよ」
ここをどう弾き分けるか
この曲が好き それを自分なりに表現するには 原曲をどう感じるか

先生のサポートは、全部違う それが彼の感性

それを聴いていると、フレーズそのものは同じだけど同じじゃない
それがわかれば次につながるフレーズが覚えられるし
また同じ場所が出てきた、やっと最後だ、じゃなくて
もうこれきり聴いてもらえない、と思いながら心がこめられる

先生は「くじら」では
強く弾きましょう、遅く弾きましょう、タッチはこうしましょう
とは言いませんでした  ただ、「すごいねえ」、「できたねえ」といっただけ。

先生もアドベンチャー精神がたくましく、
変則チューニングやカポ使用なんて ない世界で生きてこられたのです

畑が違うからなんだと思います
コードの指押さえやストロークでは物言いがいっぱいついて
それはこなせないままステージに上がったから。

それでもこれだけ自分で意識ができた。
あと、自分が弾くことで必死だと、隣でどんな音を出してるか全く耳に入りません
相棒の出す音を楽しみながら自分が弾くことの楽しさを感じられるようになってきたのは
この10年の成長だと思います
これがあるから、ソロだけではもったいない、と思ってしまう。

純粋におきゃくさまできていただいた Tommyさんとも、
4,5年かけて お会いすることができました。

「ネットで知り合うなんて、危ない」と15年前はとんでもないことでしたが

文章に出る人格というのは、だいたいその人そのものを表していて
私が知り合う方は いままで 素晴らしい方ばかりでしたので
その辺は安心していました^^10パーセントの自衛心はもちつつも。

それで、やる気が出るのが、自分にとってはありがたいし
いつもギター好きな方の応援が、私を支えてくれたから大切です






posted by ayoko at 00:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

昨日演奏しました

Tommyさんが来てくださいました。。。ありがとうございました。

私の今回の録音の道具はトランセンドという韓国製のmp3プレーヤーで、
家でスピーカーにつないで練習用に聞く分には申し分のないものなのですが
音はかなり小さいかと思います
パソコンに、ヘッドフォンなどで聞いていただくとかすかに聞こえるでしょうか
完全な生録です


DSC_0815.JPG



練習風景の録音をここにあげます

本番の感想は次回に。


おしゃべりの声のほうがでかいぞ^^
通しで弾けるようになりました、程度です
posted by ayoko at 17:34| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

レッスン 本番前

今日は一時間のレッスン時間のほとんどの時間がリハーサルになりました

まだまだできていないけれど、shigeさんが助けてくれるので甘えます

曲を覚える、押さえられる、何とか弾けるところまでも行くことができなかった

それができてからが始まりなんだな、、、

でも、時間がかかりすぎるからこそ、どこをどう弾きたいかは
もう自分の中でできてるような気がする
それをひたすら追求するだけなのかな

自分の弾いてるものを聴いていると、やっつけでやってる時と、
弾くことに必死で、何とか間違わないようにだけ思ってる音はわかる
あ、ここ、横着してるな、惰性で弾いてるな
心が入ってるところはちゃんと通じる
そこを、1ミリから、1センチに、1センチから1分に、2分3分に。

今回の演目は

12月にやった「嘘は罪」のバッキング  もう一度。
くじら

今日、録音した「くじら」は、おしゃべりも入っちゃうんだけど、
2月23日の出演が終わってから、ここにアップします^^

弾いてるのは、二人です。 私一人ではないです。
わたしは、「くじら」の持っている楽譜(アコギマガジン掲載分)通り弾いています。
posted by ayoko at 22:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする