2020年11月07日

放置しすぎました💦

あちこちに書き散らかしては そうそうここだった💦
ギターのこと書いてきたのは。

アーカイブ見ましたら一年半しかたってないのか。。。


伊藤賢一さんのレッスンについて書けないまま、
行ったことは行ったんですが  頭の中でまとめることができなかった
そのあとギター曲関係の音楽が全く聴きたくなくなりました

壁にぶつかってしまったみたい

だから、たぶん、弦も変えてないし  楽譜も見たくない。理論も知りたくない。お手本演奏も聞きたくない コードも見たくない

でも私はすぐ一人歌を思い出しては自分の口から歌うんです 
今自分が出してる音。抱えたギターで探します
そんなことやってるうちに歌がわからなくなりますが

たった一小節でもいいんです 
一小節が出来たら伸ばしていって

あるのは自分の声とギターだけ 後大事なのはギターのチューニング
自分が今出したその音を見つけるんです 自分が歌いやすい高さというものがあるから

それができたら、歌ってる歌の基音(ド)がわかる
家事途中でも自然発生の鼻歌を歌い出したら ギターをもって音を探す

動画でアマチュアの方が練習風景をアップしてくれてるのも倣って聞こえてくる音と同じ音を見つける
すぐ飽きるからやめていい。

これをやってると
シゲさんの指練習がいかに大切な要素かわかるし

思い出した

賢一先生は できるだけきれいな音を弾くように心がけると教えてくれて
わたしのくじらはベース音が弱すぎると言った
でもこの二つをいっぺんに解決するのはハードルをいっぺんに4つくらい飛び越すような課題だった


そうやって一年半もたってからでも
じゃあそれをクリアするために自分なりになにをすればいいのかを見つけるものだ


不思議なことに
私がギターを触ると 古いギター関係のネッ友から電話が入りました

ギターを弾くひとはどうしてこんなにいい人ばかりかな〜〜感激
部屋のギターと同じようにあきらめずに待っててくれる
 



posted by ayoko at 10:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

ギタリスト伊藤さんのご自宅ルート下見とTommyさん再会

まだ関東に来て10日です
帰った次の日から今まで10時まで寝ていたものが6時起床

お弁当作り  在庫の確認と材料の調達 生活を軌道に乗せるのに奔走
せっかくちょっとはギターに触る気になったのだからエンジンがしぼむ前に

昨年奈良で12月に伊藤賢一さんのレッスン会に参加したその続きを予約しました
J-minorさんが迷ったという新宿

先人の涙を無駄にしてはいけない

大都会
ギターをしょって電車に乗り街を歩くのは手ぶらで歩くより速度が落ちる


時間単価でみれば、ライブに行くより4,5倍の価値がある金額です

せっかく高いレッスン料を払って一時間に 命を懸けるのに
重いギター持って迷子になったらたどり着いた時にはすでに心が折れてる気がする

行くと決めた以上は 下見がてら  おのぼりさんしてみっか

ギターをもって
私は9時半に家を出たのです

電車 人の立ち入りにより急行運転休止 のっけから。
そのうち各駅停車もどこかで止まりそうだな。。
嫌な予感がしたので別ルートで行きましたが 
たぶん各駅停車が動いていれば選択が間違っていました。

駅を出たら道や建物は見上げる高さにあってその先も大体わかるつもり
地図があれば行けると思ってしまうのです
ところが改札を出ても地下
地上に出ればコンクリートジャングル  地味に坂道  
ランドマークになるはずコンビニは5分歩けば4つも5つもあって 目印にも何もなりゃしない



寒いという予報だったのに、ご自宅を確認したときには汗びっしょりになっていました

せっかくギターを持ち歩くのだからと、駅まで迎えに来ていただけて
2年前にオープンマイクに来てくださったTommyさんの所属する
ギターの会にお邪魔することができました


優しい陽光で明るい一室で

まだ迷子の汗びっしょりのテンションで落ち着きのない私を迎えていただき

サークルの目的や会員が取り組んでいらっしゃる曲名の書かれたプリントなど
インフォメーションをいただき

というか「やる気満々」じゃないかギター担いで。。。💦💦



集会所はほかの団体の歌声や音楽も聞こえていました

横で練習してる方の楽譜をチラ見すると
タブ譜じゃない。。。

うわー

中学高校時代、ギターがやりたいと思って手にしたものの、
楽譜がめんどくさい、タブ譜というものがあったから今まで続けてきたようなところがあって

でもそれは茂さんとのレッスンでも、
「せっかくスコアにはすごい世界が隠されて(隠されているわけではなくて私が毛嫌いしてるだけ)いるのだから、
知らないままはもったいない」というようなことで
「少しずつ一緒に勉強しましょうね」と言われていました

会の運営をしてくださっている方が語ってくださいました


(楽譜を自分が演奏できる材料として攻略するのではなく)

楽譜そのものからにじみ出るものは際限がなく奥深いと


思うに自分が人と話して感じることは

なにができるこれができるというこだわりはなくてもよいから

相手の人生感性にお邪魔する、一期一会に託してみようと
その割には自分がしゃべりすぎだぞ  
押さえるんだ押さえるんだ 止まらない💦


2時から途中退出リミットの4時まではあまりに短く
こういう会なら趣旨に近いのは今やりたい曲でなら
「無伴奏チェロ組曲第一番よりプレリュード」
を出すと、とても喜んでくださり
「私もこれはとても好きなんですよ
もともとはチェロの曲で、
本当はもっと低いキーなんですが、ギターだと音域が狭く、あげてあるけれど
これでは軽い感じなのでこの曲を弾きたいために
7弦ギターを買いました」

おおおお

弦が七本もあるのに今まで気が付かなかった

なんかネックが太いのは思ってたんだけど
クラギここまで太かったっけ

うわー

アコギマガジンという季刊の雑誌があって
アコースティックギターのいろんなジャンルを特集しています
ナンバー35くらいからぼつぼつ買ってて、時間が経過しても心に残る曲

プレリュード

模範演奏が伊藤賢一さんのものであるということについ最近気が付いたのでした

この曲がつなげてくれた縁がここにもあった

よく見ると今日教わった指番号が
私がずっと持ち歩いていた楽譜(五線譜+タブ譜)の五線譜のほうにちゃんとあるではないですか

今まで両方あるものは五線譜のほうを捨てていました
タブ譜だけ切り取って量を半分にしていました

今度逆をやってみようかな

夕食を作らないといけませんのでばたばたに退出しました

Tommyさんの要望で、一曲しか弾けない「くじら」で
前に出していただきました

同好会というのはありがたいです

やり続けていけば磨かれていくので、評価はそこで必要ないのですね

それは弾いてる本人が一番わかってることだし

練習中にひとりずつにアドバイスをされていました
それが 生きてくるのは すぐか いつかは いま問う必要もなく

一人一人の奏でる音は人生そのものだと感じます

とても素敵な時間でした





(私は食わず嫌いをしてきたんだろうな)


posted by ayoko at 11:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

うまくいかないことを面白がってみる

小学校時代、体育でひどく目立つ子でした
運動音痴というやつで、50m走は13秒かかった。。。
ハードルも飛べませんでした
全部倒していってもいいとは言われましたが、それも悔しくて、一生懸命前足を上げると
前足はクリアできるのですが後ろ足がひっかかる
膝も引っかかるし、足首も引っかかる
引っかかるとどうなるかというと、頭からひっくり返る
これを10近く飛んで走り抜けるというのは不可能でしたし 恥ずかしさに涙が出ました

まあそんなんで
「うまくいかないことに冷や汗を出してメンタルを壊してしまう」という流れを
人生の初めで覚えてしまった

おかげで逆境に強い人間にはなりました


平泳ぎ

水泳は、みんな水の中なので、できなくてもゴールにつくのが遅いだけで
注目度は低かったのですが
とにかく進まない
手をかいても足をかいてもずっと同じ位置 しかもフォーム、クロールみたいにかっこよくないし


大人になってスイミングスクールに行きだして
手と足を同時に動かすから進まないんだと知りました

今から思うと動かないところでずっとしゃかりきに動かしてる自分が笑える


去年、ダイエットのためにプールに行ってました
ギターの練習はやらないのにどうしてプールにはいくんだろうと思いながら

泳げない私
面白かったなあ

あんなにダメダメだった私を覚えてても誰も馬鹿にしない

そんな風に今できない自分を面白がれたらいい
そのあとで、できるようになった自分が
あんなに苦しんでのたうち回ってた自分を
よく頑張ったなあって思える時が

来るかも
来ないかも

来なくても 落ち込むよりはずっと楽しいかも

たいして練習しなくても あちこち回り道しながらやってるとなんかものになってるか
手を抜いても歌えるギターになってるかもとかいうことが

どんな花が咲くかなあ

続けてると 楽しみです


posted by ayoko at 12:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。